夫婦仲

最近の日本で特に増えているのが熟年離婚です。
熟年離婚の原因は各ご家庭で多種多様なのは確かですが、
一つ言えることは夫婦仲が良くなかったということでしょう。
特に、日本人の場合には子供が生まれてから
急に夫婦間の性生活が極端に減ったり、
また無くなってしまうというケースがよくあります。
また若い世代でも性に関して『めんどうだ』という意見も散見されるようになってきました。
元々、日本人は欧米人に比べて年間のSEX回数が極端に少ないと言われています。
熟年夫婦でSEXが激減する理由はいくつかあります。
一つは女性側の問題で、子供を産んでから夫を男性としてでなく
子供の父親としてしか見れなくなったという精神的な意見をよく耳にします。
つまり、子育てに忙しすぎてそれどころではなくなるわけです。
また、もう一つはその逆です。
男性が妻を女性として見れなくなってくるということです。
男性の場合は特にそれが顕著であり、SEXに際しては男性が勃起しなければ
どうしようもありません。
また精神的なものだけでなく肉体的にも年齢が40歳50歳になってきますと、
気持ちはSEXに前向きでもなかなか勃起しないという悩みを抱えた男性が
多数おられます。
このような症状は勃起不全(ED)と呼ばれます。
EDはバイアグラという化学物質を処方することで改善することができます。
日本でもバイアグラは21世紀に入ってから頻繁に耳にするようになりました。
日本でバイアグラを入手する場合には、医師による処方箋が必要です。
つまり、医者に症状を相談しなければならないのです。
しかしながら、精神的に恥ずかしいという理由から、医師に相談に行かず、
インターネット等を利用した取引が行われているケースがあります。
パソコンを利用しているとそのような広告の迷惑メールが届くことがよくあります。
バイアグラは副作用も幾つか報告されているものですので、
使用の際には医師に相談し適切な服用をするように注意して取り扱うようにしましょう。

Copyright ホントに効くの?気になるグルコサミン 2018
Shale theme by Siteturner