どんな薬か

バイアグラというのは陰茎へ血流量を増やして、海綿体の中の圧力をあげるための薬です。
勃起しない人というか勃起が充分に出来ない人へ、性行為が出来るようにする、男性用機能障害治療薬として販売されてるものなんです。
バイアグラは効果が充分に期待出来るんですが、副作用があります。
比較的多い症状は、発疹などの過敏症です。
この症状が出た場合、使用を止めて医師へ相談した方が良いでしょう。
次に、ほてり・頭痛・不整脈・無気力・動悸・興奮・めまい・下痢・記憶力低下・胃の膨満感・不眠・眼痛・消化不良・胃痛・鼻づまり・副鼻腔炎・尿タンパク・疲労感・半勃起状態の持続・唇の乾き・咽頭炎・筋肉痛・精神障害・糖尿の陽性反応・血中尿酸値の上昇などの、こんな症状が出る事があります。
こう云う症状が感じられた時は、使用を止める事は勿論の事、医師へ相談しなければなりません。
そして、使用上の注意をしっかりと守る事です。
錠剤は、服用する間隔を24時間はあけて、性行為の1時間前に呑むようにしましょう。
呑む時はコップ1杯の水以上で、充分な水分をしっかり摂って下さい。
それから、使用する前にアレルギーや持病がないか、常用してる薬がある場合、医師へ相談しなければなりません。
また、めまいや感覚障害が起こる事がありますから、高い所での仕事や車の運転へは、充分な注意が要ります。
次に、病気などを発病して薬を飲まなければならなくなった時など、医師へ相談するようにしなければなりません。
バイアグラを使って性行為をする場合、過信しないで程ほどにするようにしましょう。
パートナーなどの女性へは、薬を使ってる事をうちあけて、万一の場合へ備える方が良いです。
尚、この薬は治療薬なんですが、健康保険の対象外になってます。
ですから、費用は全額負担となりますが、医師の処方が必要です。
最後に、服用する為の検査費用・診療費も全額自費となりますから、その点を頭へ入れて措いて下さい。

Copyright ホントに効くの?気になるグルコサミン 2018