ダイエット効果

最近バイアグラにダイエット効果があるという研究結果が出て話題になっています。
バイアグラとは、勃起不全のための治療薬として販売されている薬のことで、正式名称はシルデナフィルと言われています。
狭心症の治療薬として研究が行われ、その過程で勃起不全にも効果があることがわかり爆発的な人気となりました。
1998年から米国で販売が開始され、日本では1999年1月に製造承認を受け、販売されています。
ダイエットに効果があるという根拠は、最近ドイツのボン大学と心臓や肺についての研究を行っているマックス・
プランク(Max Planck Institute)の調査結果、バイアグラが白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変化させ、肥満の危険を緩和してくれる調査結果が発表されたことによります。
脂肪細胞の中の白色脂肪細胞は、使用して残った脂肪を保存し、褐色脂肪細胞は保存された脂肪を燃焼させる働きのある細胞です。
2007年に行われた実験により、バイアグラが投入されたマウスは高脂肪の餌を食べても太らなかったという結果がでました。
その理由を明らかにするためにこの研究が続けられてきました。
今回の研究の結果、バイアグラが白色脂肪が増えるのと、白色脂肪の炎症誘発ホルモンの分泌を防いでくれる効果が確認されました。
白色脂肪には、肥満はもちろんそれ以外にも免疫系に様々な影響を与えることが知られており、白色脂肪を褐色脂肪に変えるバイアグラは、今後、様々な病気の治療や予防に役立つ可能性が出てきました。
バイアグラはこれまで、副作用として血圧の急激な低下や狭心症などの症状が確認されています。
特に、ニトログリセリン等硝酸塩系薬剤との併用で死亡したケースも確認されているので注意が必要です。
以前から、滋養強壮などとうたうサプリメントの一部にバイアグラの成分を含むものが販売されていたことがありましたが、今後は、ダイエットサプリメントにも同じようなケースが発生する可能性もあります。
また、最近ではバイアグラの類似製品が中国やインドなどから密輸入されているので、特に注意が必要です。

Copyright ホントに効くの?気になるグルコサミン 2018
Shale theme by Siteturner